メニューを開く 項目を開く 記事投稿時刻 コメント トラックバック カテゴリー ブログテーマ タグ URLリンク コメントの編集 コメントに返信する

ピーマンの中にたまに入ってるアレを食べた話

2021/02/20  00:00
2

うにょうにょです。(虫注意です)






タバコガ幼虫



******************************


というわけで、食べたのはタバコガの幼虫でした。


2020年の夏は暑かったからか、よくこのタバコガの幼虫がピーマンの中に入っていまして、同じく暑さでやられた私が「ピーマン食ってるんだからピーマンの味がするのでは?」と思い立ち、食べてみた次第です。


1㎝程度の小さ~いコは、茹でるだけで食べれました。


1.5㎝くらいになったコは、茹でただけで食べると足が舌にくっついてきて大変食べにくいです。
あと、微妙に生えてる毛が舌に刺さって、暫く舌に違和感がありました。


2㎝以上になってくると頭部が発達して固くなっていて、茹でただけでは食べにくそうです(試していません)。


なので、幼虫は揚げるのがよろしいかと思います。
私は揚げ焼きにしました。
調理中たまに中身が弾けるので火傷に注意です!


揚げ焼きにすると、舌にくっついてくる足も気にならなくなりました。
ムニュっとして噛み千切りにくかった外側もパリッと仕上がり、よい食感に。
固い頭部も気になりません。


味も何だかエビ…というか、かっぱえびせん…?みたいな風味を感じました。
ピーマン食べて育つのにエビの味がするってすごく不思議。
面白い経験になりました。


もし興味と機会がありましたら試してみてください。
(生食ダメ、絶対。)
関連記事

コメント

コメントアバター画像
玲子 2021/02/20 10:29

もう、あまねさんったら、好き!
でもその考えだとエビは苔の味がしたり牛は干し草の味がしてしまうのでは(笑
うん、夏、暑かったものねえ。
コメントアバター画像
高岡あまね 2021/02/20 17:00

盲点でした

>でもその考えだとエビは苔の味がしたり牛は干し草の味がしてしまうのでは(笑


( ゚Д゚)


ホントだ!!

コメントの投稿